獅子舞の里・富山


とやまの獅子舞百選でタグ「下新川獅子」が付けられているもの

魚津市の獅子舞

入善町新屋より習得したと伝えられる。

本来的には二人立ちの獅子舞だが、演目によっては、3~4名の獅子方で演じるため、あたかも百足獅子のようにも見える。


所在地 魚津市北鬼江
主な上演場所 八幡宮
開催日 10月1日

黒部市の獅子舞

鮮やかな青地の衣装に、太い赤襷をかけたテングが一際目を引く。

獅子頭は小型で角がない。


所在地 黒部市朴谷
主な上演場所 熊野社
開催日 1月2日、8月14日、10月23日

黒部市の獅子舞

演目はショウジョウ、フナコシ、サクルなど。角がなく、耳の垂れた獅子頭が特徴的で、白衣・袴姿で舞うテングも独特。

保存会でホームページを作成してPRにも努めている。


所在地 黒部市沓掛
主な上演場所 沓掛八幡社
開催日 9月24・25日

宇奈月町の獅子舞

演目はダイカグラ、テングマイなどの他に悪魔払いもあり、神楽系獅子の舞と混合した芸態が特徴的。


所在地 宇奈月町明日
主な上演場所 八幡社
開催日 4月・10月の第2土曜日

宇奈月町の獅子舞

大天狗、小天狗が獅子あやしとなるコクセンが特徴的。

非常にテンポが早く活気に溢れ、道化役のジジ・ババ(願念坊主)の所作もユニーク。


所在地 宇奈月町下立
主な上演場所 下立神社
開催日 10月21日

宇奈月町の獅子舞

演目はダイモンサキ、テングマイ、ショウジョウマイなど。

江戸時代の頃の舞を比較的良好に継承する。

 

所在地 宇奈月町栃屋
主な上演場所 栃屋石動彦社
開催日 10月17日

入善町の獅子舞

演目はシシオコシ、四人マワシ、六人マワシなど。

所在地 入善町下山
主な上演場所 下山八幡社
開催日 10月14・15日に近い土・日曜日

入善町の獅子舞

テングスモウ、トロロ、テンマリなどの演目が特徴的な下新川獅子。

所在地 入善町東狐
主な上演場所 稲荷神社
開催日 10月15日に近い土曜日

入善町の獅子舞

kunugiyama.jpgこちらも下新川獅子の典型として町の指定文化財となっている。

 10人以上ものテングが獅子を相手に舞うテングマイが特徴的。


所在地 入善町椚山
主な上演場所 八幡社
開催日 10月14・15日に近い土・日曜日

入善町の獅子舞

神社で奉納した後、2日間にわたって地区内を回る。

天狗の舞が演目の主体となる下新川獅子の中心をなすもので、近隣の黒部や宇奈月、朝日にも影響を与えている。町無形民俗文化財。


所在地 入善町新屋
主な上演場所 住吉社
開催日 10月14・15日

朝日町の獅子舞

演目はダイカグラ、ショウジョウ、タマアソビなど。

二人立ちの獅子としては獅子頭が大きいのが特徴。

所在地 朝日町草野
主な上演場所 五社明神社
開催日 10月第2土・日曜日

朝日町の獅子舞

演目はダイカグラ、オコシマイなど。鮮やかな青地に牡丹をあしらった胴幕も美しい。

獅子あやしのテングを子供達が演じるのが特徴的。


所在地 朝日町平柳
主な上演場所 五社之社
開催日 10月第2土曜日

近年、祭り中止や日時の変更等が多くみられます。実際にお出かけの際は、主催者様に確認される事をお願いいたします。
このページは、平成18年3月に富山県教育委員会が選定した、「とやまの文化財百選」第2弾「とやまの獅子舞百選」から引用して作成しております。

リンク