獅子舞の里・富山


とやまの獅子舞百選でタグ「氷見獅子」が付けられているもの

南砺市の獅子舞

外見は砺波型の獅子であるが、演目はシチゴサン、ヤッサブリなど氷見獅子の影響が強い。


所在地 南砺市本江(福野)
主な上演場所 本郷神社
開催日 体育の日の前日

小矢部市の獅子舞

市郊外で良好に伝承されている獅子舞のひとつ。

上村が雌獅子、下村が雄獅子。いずれも胴幕に竹の輪が入る氷見型の百足獅子。

演目はミヤマイリ、シチゴサン、ヒトアシ、フタアシ、シシコロシなど。


所在地 小矢部市水牧
主な上演場所 比叡神社
開催日 9月9日

小矢部市の獅子舞

こちらも胴幕に竹の輪が入る氷見型の百足獅子だが、中下新町同様に射水獅子の演目もある。


所在地 小矢部市八和町
主な上演場所 観音寺、愛宕神社
開催日 5月第4土・日曜日

小矢部市の獅子舞

胴幕には竹の輪が入る氷見型の百足獅子。

演目にはヒトアシ、フタアシ、バイガエシなど氷見獅子の演目の他に、射水獅子特有のボンボコも見られる。


所在地 小矢部市新富町、畠中町
主な上演場所 観音寺
開催日 5月第4土・日曜日

小矢部市の獅子舞

胴幕には砺波獅子のように竹の輪が入るが、氷見獅子が伝播したもの。

演目はフタアシ、キョウブリ、シシコロシなど。

地元の獅子舞競演会だけでなく高岡、氷見などの競演会などにも積極的に参加
している。


所在地 小矢部市西町
主な上演場所 観音寺
開催日 5月第4土・日曜日

氷見市の獅子舞

 

所在地 氷見市小杉
主な上演場所 小杉菊理姫像石神社
開催日 4月17日、9月17日
     (不定期開催)

氷見市の獅子舞

森寺.jpg12種の演目を伝え、獅子の舞う姿はまさに吠え狂う様を現す。

テングの衣装も華やかで採り物も五色の御幣をつけた綺麗なもの。


所在地 氷見市森寺
主な上演場所 愛宕神社
開催日 4月第2土曜日

氷見市の獅子舞

余川北側.jpg氷見地域でも数少なくなったが、春・秋祭りで獅子舞が奉納される。

獅子方、囃子方は総勢約50名と大規模。近年では青年団と少年団による親子獅子も披露。


所在地 氷見市余川
主な上演場所 金田神社
開催日 4月第4土曜日
      9月第4土曜日

氷見市の獅子舞

 

所在地 氷見市上田
主な上演場所 上田神社
開催日 9月第3土曜日

氷見市の獅子舞

岩瀬.jpg宮ではテングと獅子が二組同時に舞う「二頭のヤツブシ」を奉納する。


所在地 氷見市岩瀬
主な上演場所 岩瀬神社
開催日 10月第2土曜日

氷見市の獅子舞

論田.jpg文様のない鮮やかな緋色一色の胴幕が個性的。


所在地 氷見市論田
主な上演場所 八幡社
開催日 9月22日

氷見市の獅子舞

他地区より開始が早く、午前中に神社に奉納した後に各戸を回り、翌朝まで続けられる。

祭礼日以外に獅子舞ミュージアムで開催される競演会でも熱演。


所在地 氷見市中村
主な上演場所 中村神社
開催日 9月第3土曜日

氷見市の獅子舞

「ひみ獅子舞ミュージアム」お膝元の獅子舞として意気盛んで、各地の獅子舞の先頭にたって氷見獅子のPRに努めている。


所在地 氷見市表泉
主な上演場所 天満宮
開催日 9月第3土曜日

氷見市の獅子舞

一般的な演目に加え、キョーフルガエシという他ではあまり見られない演目がある。

嫁花(祝儀)の返礼ではヨソブリではなく、タチフリを披露する。


所在地 氷見市寺中
主な上演場所 御田神社
開催日 10月第2土曜日

氷見市の獅子舞

 

所在地 氷見市下田子
主な上演場所 藤波神社
開催日 4月第2土曜日

氷見市の獅子舞

氷見獅子のルーツと考えられており、市内各地に伝わる獅子舞の芸態は、演目名称や順番は異なるものの、ほぼ当地のものと共通している。

大宮(日宮神社)では垣内の五頭立ての獅子が勢揃いして舞を奉納する。


所在地 氷見市十二町
主な上演場所 日宮神社ほか
開催日 4月第3土曜日

高岡市の獅子舞

宮では二組の獅子とテングが登場して、ヤツブシ、バンガヤシなどを勇壮に舞う。

旧福岡町の山村部で古くから良好に伝承される獅子舞。


所在地 高岡市沢川(福岡)
主な上演場所 愛宕社
開催日 9月22日

高岡市の獅子舞

一宮.jpg氷見型の百足獅子。

にらみ獅子にあわせ気多神社に奉納され、その後、各家々を回る。

所在地 高岡市伏木一宮
主な上演場所 気多神社
開催日 4月18日

高岡市の獅子舞

頭川神社秋季大祭の獅子舞。

勇壮活発な氷見型の百足獅子だが、テングは六尺棒を持って獅子に対する。


所在地 高岡市頭川
主な上演場所 頭川神社
開催日 10月第2土・日曜日

高岡市の獅子舞

氷見型と砺波型が融合したタイプの獅子舞。

この度、獅子頭、胴幕を新調。

演目はヒトアシ、フタアシ、ナギナタなど。


所在地 高岡市立野
主な上演場所 福田神社
開催日 9月第3土曜日

高岡市の獅子舞

加賀獅子の流れを汲みながらも、豪快な舞が特徴的。

近年は伝統を踏まえつつも創作的な演舞にも力を入れている。

県内外の獅子舞競演会やイベントに積極的に参加するだけでなく、他地域の後継者育成にも取り組んでいる。


所在地 高岡市吉久
主な上演場所 吉久神明社
開催日 10月第3土曜日

高岡市の獅子舞

演目はヒトアシ、フタアシ、バイガエシなどテンポの良い活発な舞。

演舞の記録映像を制作するなど保存・継承に意欲的。


所在地 高岡市北島
主な上演場所 北島神社
開催日 9月10日前後の土曜日

高岡市の獅子舞

棒・ナギナタを用いた勇壮な舞。春は青年団、秋は少年団が演じる。


所在地 高岡市守山
主な上演場所 守山神社
開催日 4月第2土曜日
      9月第2土曜日

高岡市の獅子舞

氷見市十二町から習得したと伝えられる百足獅子。


所在地 高岡市長慶寺
主な上演場所 西条神社
開催日 4月第2土曜日

高岡市の獅子舞

氷見市十二町から習得したと伝えられ、勇壮で活発な舞が特徴。

地元の地域活性化イベント等にも積極的に参加して舞を披露している。


所在地 高岡市長江
主な上演場所 長江神社
開催日 10月9日

高岡市の獅子舞

木町神社秋季大祭の獅子舞。


所在地 高岡市木町
主な上演場所 木町神社
開催日 9月第2土曜日

新湊市の獅子舞

ホラホラ、キリコなどの他、地を這うような姿態の演目が中心となるが、中でも大テングが松明を持って獅子の相手をするヨソブリは見もの。

近年では創作的な演目にも取り組んでいる。

県内外の競演会に積極的に参加するとともに、保存会でホームページを作成して情報発信・PRにも力を入れている。


所在地 射水市庄西町(新湊)
主な上演場所 日枝神社
開催日 5月14日、10月6日

上市町の獅子舞

氷見型の百足獅子。

動きが激しく迫力に溢れる。約1時間にもおよぶコロシマク(シシコロシ)が見もの。


所在地 上市町伊折
主な上演場所 伊保里神社
開催日 4月中旬、8月16日

上市町の獅子舞

明治時代に同町広野より習得したと言われる氷見型の百足獅子。

勇壮活発な舞で、中心演目のシシコロシは2時間近くにも及ぶ。

道化役(バチ)の面は江戸時代初期の作と伝えられる貴重なもの。


所在地 上市町東種
主な上演場所 白山神社
開催日 4月18日、10月18日

上市町の獅子舞

上市町に伝承される氷見型百足獅子の中でも古いもの。

雌獅子と言われ氷見型の獅子にしては舞がおとなしい。


所在地 上市町広野
主な上演場所 香積神社
開催日 10月21日

魚津市の獅子舞

金山谷の獅子舞松倉金山に働きに来ていた能登の採掘工が教えたと伝えられる氷見型の百足獅子。

真っ赤なテングの衣装が鮮やか。


所在地 魚津市金山谷
主な上演場所 神明社
開催日 3月16日

近年、祭り中止や日時の変更等が多くみられます。実際にお出かけの際は、主催者様に確認される事をお願いいたします。
このページは、平成18年3月に富山県教育委員会が選定した、「とやまの文化財百選」第2弾「とやまの獅子舞百選」から引用して作成しております。

リンク