獅子舞の里・富山


獅子舞の見どころ

・百足獅子

胴幕(カヤ)

麻か厚手の木綿に手書きの唐獅子模様などが大きく描かれる。

五箇山獅子や砺波獅子に竹製の輪がとおされて丸く膨らまされる。氷見獅子では両手で支えるための穴が設けられる。

 

二種類の獅子頭

多くの獅子頭は鼻が正面に大きく座り、丸く大きな目玉と写実的な歯並びで、概ね立方体に成形される。鮮やかな黒・赤の漆や銀色で彩色される。

もうひとつは箱獅子とよばれるもので、頭の頂部と鼻の高さがほぼ同じで、鼻が長く、目玉が大きく上を向き、粗い歯並びで、長い箱のような形状を呈する。行道獅子で使用されている。

 

・キンゾウ

獅子あやしの種類

①キンゾウ:着物に野袴の武者姿
②サンパサ:烏帽子に水干姿
③オドリコ:花笠に鮮やかな着物
④ササラ:平頭巾で手には鉦
⑤テング:手拭被りの天狗面で、太く大きな赤い襷を巻く。

*道化:願念坊、バチ、オカメ、ヒョットコなどが箒や箕などを手にして、場を盛り上げる。

 

金蔵獅子の演目

①キンゾウ:槍を手に獅子と格闘
②ヘビジシ:獅子が蛇を食べる所作
③キョクジシ:獅子方のアクロバット
④カグラジシ:御幣を手にキンゾウが獅子と演舞

 

 ・天狗

被り物

氷見獅子では、漆塗りで紋章入りの烏帽子を被る。

他の獅子舞では、ふさふさとした長い白毛のシャグマ(毛冠)を被る。

 

採り物

氷見獅子では先端に紙の房を付けた1メートル程の竹の棒が使用される。五箇山では両端に房が付く。

砺波獅子には薙刀、太刀、鎌などの武具が使用される。

 

衣装と天狗面

氷見獅子では、狩衣に襷をかけ、紋章を描いた胸当てを付ける。タッツケ袴をはき、裾を紐でくくる。
顔には朱塗りの天狗面を付ける。

砺波獅子では、着物と袴姿で模様を描いた胸当てを付ける。白鉢巻で後ろに大きく垂らす。顔は白粉
と頬紅で化粧する。

 

・金蔵獅子

獅子方

牡丹や唐草模様の胴幕に、巻毛模様のタッツケ袴をはく。獅子方の後者は、両手で胴幕を高く支
えて、立体感を醸し出す。越後型神楽獅子では、胴幕をねじって首に巻く。

 

近年、祭り中止や日時の変更等が多くみられます。実際にお出かけの際は、主催者様に確認される事をお願いいたします。
このページは、平成18年3月に富山県教育委員会が選定した、「とやまの文化財百選」第2弾「とやまの獅子舞百選」から引用して作成しております。

リンク