獅子舞の里・富山


南砺市の最近のブログ記事

南砺市の獅子舞

雌雄二頭立ての金蔵獅子。

演目はカグラ、オバコ、ラッカンマ、オドリ、マメヒロイ、ホタルコイ、メメリなど。


所在地 南砺市利賀村上百瀬
主な上演場所 上百瀬神明宮
開催日 5月5日

南砺市の獅子舞

明治以前に井波より習得したと伝えられ、旧利賀村内で最も良好に伝承されている獅子舞のひとつ。

演目はサンパイ、カマ、タマコロガシなど。


所在地 南砺市利賀村
主な上演場所 神明社
開催日 5月4日

南砺市の獅子舞

後継者不足を打開するため、旧上平村の新屋、真木、東赤尾、上中田、田下、菅沼の5集落が一帯
となって開催し保存・継承している獅子舞。

社寺で夜獅子を舞い、3日間で地域内全戸を回る。

演目はゲンバヤシ、シチゴサン、テングマイなど。


所在地 南砺市新屋
主な上演場所 八幡社ほか
開催日 5月3日・4日・5日

南砺市の獅子舞

氷見市大久保の大工が当地に伝えたと言われ、五箇山地域に伝承される獅子舞では最も古く、規模も最大である。

演目はマイコミ、ゲンバヤシ、シチゴサン、テングマイなど。


所在地 南砺市上梨(平村)
主な上演場所 白山社
開催日 4月26日・27日

南砺市の獅子舞

旧井口村で伝承される唯一の獅子舞。

演目はギョウレツで始まり、ヨッサキで終了する。

演目は他にサンパサ、オドリシシ、カマなど。暫く休止していたが、地区唯一の獅子舞を青年会が中心となって復活させた。


所在地 南砺市井口
主な上演場所 井口神明宮
開催日 11月6日

南砺市の獅子舞

井波随一の大獅子。

演目はミヤマイリ、ギオンバヤシなど。


所在地 南砺市院瀬見(井波)
主な上演場所 善休寺ほか
開催日 3月29日

南砺市の獅子舞

井波「よいやさ祭り」で演じられる獅子舞。

山下、東町、下新町の三獅子で地区内を回る。

山下の獅子は他の二つの先導役を努める。


所在地 南砺市山下(井波)
主な上演場所 井波八幡宮
開催日 5月2日・3日

南砺市の獅子舞

演目は旧福光町に伝わる獅子舞の中で最も多彩で、リョウスデ、オウギトリ、カマドリなど30種類以上もある。


所在地 南砺市神成
主な上演場所 神明社
開催日 11月3日

南砺市の獅子舞

宇佐八幡宮の祭礼で演じられる加賀獅子が直接伝播した形を残す獅子舞。

獅子頭と胴幕が綱で繋がれているのが大きな特徴。

旧福光市街でのみこの種の獅子舞が伝承されている。


所在地 南砺市川原町(福光)
主な上演場所 宇佐八幡宮
開催日 4月第3土曜日

南砺市の獅子舞

城端曳山の先導をする獅子舞。

演目はギンバヤシ、ヨッサキ、シチゴサンなど。

五箇山地方より習得したと伝えられる。


所在地 南砺市城端南町
主な上演場所 城端神明宮
開催日 5月14日・15日

近年、祭り中止や日時の変更等が多くみられます。実際にお出かけの際は、主催者様に確認される事をお願いいたします。
このページは、平成18年3月に富山県教育委員会が選定した、「とやまの文化財百選」第2弾「とやまの獅子舞百選」から引用して作成しております。

リンク